私が1g1円以上の作物しか栽培しない理由

地方で起業やキャリアを考える人のマインドセット
この記事は約3分で読めます。

ご自分の作られた野菜を直売所などで販売価格を決めるときは何を参考にされていますか?同じ種類の野菜を参考にしたり、スーパーの店頭価格で決めていませんか?

もちろんこれは間違いではありませんし、大切な指標の一つです。

しかし、あなたの生産価格がこれを超えているのであれば追随すると赤字で売ることになりますし、「それらの野菜はあなたの野菜ではない」のです。

1グラム1円理論」というものがあって、私はシンプルにこれを軸に栽培品目を決めて損益分岐点の目標値を設定するなど、作物の値段の評価基準にしています。

1グラム1円理論」とは、1円より高ければ「高い」、1円より安ければ「安い」とするものであり、食品だけではなく、自動車など工業製品にも当てはめられる普遍的な絶対基準とするものです。

自動車であると1台あたり1トンぐらいなので100万円以上だと「高いなぁ」判断できる基準となります。

肉や魚でも、バックリと100グラム100円がひとつの判断基準とした場合、肉でも鶏肉や挽肉は100円を下回ることが多いのですが、牛肉は言うに及ばず、国産豚肉やソーセージでも100円を大きく越えます。

ちなみにこの「1グラム1円理論」の究極の体現者は「1円玉」です。

これこそ「1グラム1円理論」を見事に体現しています。

食品別のグラム単価

 主な食品について、家計調査の単位当たりの購入価格データと食品標準成分表のグラム当たりカロリーのデータから、グラム単価とカロリー単価を算出し、グラフにして見ました。

 グラム単価は、同じ重さならどの食品が安価かを示し、「1グラム1円理論」では、100g100円以上の食品は粗利率が上がれば収益額が大きくなり、100円未満の食品は粗利率を改善しても収益額にはあまり寄与しないということになります。

円/100g

 一方、グラム当たりの単価が高い食品については、ぶどうが94円と最も高く、大根が100g当たり13円と最も安い。

これら野菜や果物の価格差については、次のように考えると分かりやすい。野菜や果物を1g増やすのに必要な肥料の量を肥料要求率と呼びますが、これらも作物の価格差に大きな影響を与えます。

これらの考えの基礎にあるのが、日本は古来より鉄の国と言われており、この鉄の取引単価が1g1円に由来します。

他にもグリコのキャラメルなんかも1g1円だったり、単純に1g1円以上の単価でモノを売らないとシンドイことに尽きます。

こういった指標を設けているおかげで「作るもの」と「作らないもの」が初めから決定しているので営農計画はシンプルです。

顧客の要望で「甘藷」に取り組んだ事もありましたが、この場合は産地化できるくらい作付け規模を広げて「収益額」を伸ばすと同時に、投資額を極限まで抑える計画を立て流などしました。

要は「基準」が決まると、それに合わせてどう事業計画を作るのかというアクションになるので意思決定がとても早いのです。

タイトルとURLをコピーしました