CSRに変わる新概念

地方で起業やキャリアを考える人のマインドセット
この記事は約4分で読めます。

前回は「より良い環境を選ぶ事で人生は変わる」と題して、ご自身の置かれている環境によって人生は変わり、それを選んでいくことも大切だよというお話を共有させていただきました。

今回は、マイケル・ポーターのCSV(クリエイティング・シェアード・バリュー)の論文を読んで考えたことなどを共有させていただきたいと思います。

わたしの経営する農業生産法人の畑では企業のCSRとしてグリーンツーリズム事業を展開していますがCSRからCSVの時代に変わりつつあるのではないかと疑問を持ったからです。

調べを進めるとCSVとはザックリ説明すると寄付やボランティアを止めて営利活動で社会貢献をというようなことのようです。

つまりCSVとは「社会課題の解決を通じて経済価値を向上させることを目的に、これまで企業外の問題として扱ってきた社会課題を、商品市場、バリュー・チェーン、そして企業が拠点を置く地域の産業クラスターの中に含めて、これらを再定義し、戦略的に生産活動を進めること」ってことらしい。

ポーターは、CSVを提唱している理由を短期的利益の追求によって企業が疲弊している現在においてイノベーションの機会を逸していることと従来型のCSRによる効果が薄いことを挙げています。

しかし、これは机上の空論のようにも感じますね。

現実に多くの企業は自社の商品やサービスが顧客の生活や地域社会の向上にどのように貢献しうるのかを常に考えているはずなのです。

実際にわたしが知る限りだけでも地域社会の問題解決に積極的に貢献してきた企業も少なくないです。

また社会貢献活動に本業を生かすことは90年代から議論されていた話題でした。

そういった背景を考えるとポーターはこの論文でCSVが短期的利益の追求に傾きつつあり、失いかけた社会的視点を取り戻して戦略的かつグローバルに展開すべきだと提案していると解釈しました。

そもそも経済価値とは何を意味するのでしょう?

ポーターは、課題解決による社会価値の創造を通じて自社や産業クラスターの経済価値を創造すると述べています。

これはあくまで経済価値が目的であって社会価値が手段なんだと定義されているのですが、これは違うんじゃない?と思えてしまいます。

これでは目的と手段の順序が無茶苦茶で本末転倒だと云わざる得ません。

CSVとは焦点を絞って資源を投入することを求めているので、自社の経済価値に関連しない社会課題の優先順位が低くなることは理解できます。

しかし経済価値とは営業利益だけなんだと狭く解釈されてしまうと、利益の出ない社会課題には着手すべきではないという考えになりかねない。

ポーターは、CSRは企業が社会に説明責任を果たすための負担であったと定義していましたが日本のCSRの意味はここでもガラパゴス化していなかったでしょうか。

90年代初頭に経団連をはじめとして様々な企業が提唱した社会貢献活動の第一の目的は、社員が企業の外の多様な価値観を理解することであり、市民性を育むことだったはずです。

最近のCSR部門の関係者からは社員の離職率の高さや鬱病の問題を聞くことが多かった。

社員が自らの仕事に誇りと自信を持って社会の役立っていると実感してもらうことに、少しでもCSR活動が寄与することを期待してるだと理解しています。

一方でCSVの論文には、社員の研修や福利厚生が生産性向上に有効であると記されていることから、社員をバリュー・チェーンを構成する重要な要素として捉えているようです。

どちらの主張が本質をついているのかをここで論じることについては意味がないので控えますがわたしには日本の企業においてはCSR担当者の本音が正しいように思うのです。

さて次回は、日本人の気質からミッションの捉え方とそのライフハックについて共有させていただきたいと思います。

関連書籍のご案内

人生を変える余裕に満ちた心の整え方」シリーズ「地方で起業やキャリアを考える人のマインドセット」を電子書籍化しました。電子書籍用の加筆は一部していますが、このブログをお読みいただくだけでも十分です。

Amazon プライムにご加入されてましたら無料でダウンロードできますので、オフラインでも読めますのでオススメです。

タイトルとURLをコピーしました