資金の借り手は、お金の運用状況を示す資産

決算書から仕事や転職に”利く”知識を簡単に得る方法
この記事は約3分で読めます。

前回は「決算書を評価されるときに一番大事な項目」と題して、株式上場時に創業者であるオーナーなどが保有している株式を資本取引市場で切り売りすることによって株式売却益、つまりキャピタルゲインについての解説をさせていただきました。

ここまで入手経路の表す右側の解説をしてきましたが、今回からは左側の「会社の資産」に位置する項目について解説を進めていきたいと思います。

会社の資産入手経路
現金・預金債権者 : 200万円
備品・車両株主  : 300万円
利益  : 500万円
合計 : 1000万円合計  : 1000万円

この「会社の資産」では、会社が資本金や負債で調達してきたお金を、現金や商品在庫などといったものを、どんな形で会社の資産として所有しているかを具体的に示しています。

会計という世界では「集めた資本をどういった資産にどれだけ配分しているか」という状態のことを、「資本の運用状態」と呼び、資本金や負債、前の記事でも述べた利益余剰金などの方法で入手したお金が、具体的にどんな資産の形でいくらずつ配分されているのかを示すことで、集めたお金の運用状況を捉えられるようにしているのです。

したがって、資産の表示というものは「調達したお金の運用状況を示すもの」であるといえるのです。

これまで解説させていただいたように、会社が保有している資産の合計は、それぞれの入手経路から調達してきた金額の合計と必ず一致することから、これを一般的には「バランスシート」と呼んでいます。

貸借対照表=バランスシート

次に、ここまでの章で解説してきた負債と純資産の表示例と照らし合わせて見て、より正式な表示フォームに近いバランスシートの全体像を下記にて確認して見てください。

バランスシート

(資産)1000(負債)200
現金・預金×××支払手形及び買掛金30
….短期借入金50
長期借入金70
退職給付付引当金50
(純資産)800
資本金300
利益余剰金500
資産合計1000負債・純資産合計1000

なお、資本金の上に純資産がありますが、これは資産と負債の差額のこととなります。

このバランスシートもそうですが、その帳票や財務諸表において左側を「借方」と呼び、右側を「貸方」と呼んでおり、上記のバランスシートを見てもらえればわかるように、左側に会社が持っている資産が「借方」として表示されており、右側に銀行などから借入を行ったり、株主から提供を受けた資本金などが貸方になるのです。

これは単純に「左側は資金の『借り手』である会社の状況を示していて、右側は銀行などの『貸し手』を表しているんだなと大まかに覚えていただけば良いと思います。

そして、この「借方」と「貸方」を左右対象に表示させているから「貸借対照表」というんだなぁと、ざっくり理解してもらえていれば大丈夫です。

タイトルとURLをコピーしました