地方で起業やキャリアを考える人のマインドセット

地方で起業やキャリアを考える人のマインドセット地方で起業やキャリアを考える人のマインドセット

2010年に起業してから本当に色々な人に出会い、助けられ、時には衝突もしながら全然真っ直ぐ進まず、大変な毎日でした。

メディアにも取り上げていただいたりして周囲からは成功しているように感じておられた方も多かったと思います。

真実は本人のみが知るところでありますが、私は地方で起業し学び苦しんだ事そのものは成功ではないが正解だったと思います。

現在も全国の様々な地方で地方創生のお手伝いなどをさせていただくことができるのも、この時の経験がなければできなかったでしょう。

現在は身体の調子を崩したことをきっかけで部下に経営を譲渡し、農業経営そのものの第一線からは離れておりますが、グループ企業の顧問のような形で関わっております。

これから地方で起業やキャリアを考えている方にとって、というよりは既に起業された方や地方でキャリアを模索中の社会人向けのマインドセットの話にさせていただいおります。

このブログは「コト起こし未来塾」で連載の記事をまとめて2019年9月に再編したものとなっております。

起業して一国一城の主になったからといって思い通りになることなんて何一つないと思います。

逃げ出したくなる時や心がつぶれてしまいそうになる時もあるかもしれません。

本ブログではそんな体験談なんかも書いていますので共有することで少しでも気持ちが和らげば幸甚に存じます。

かまたれおん

 

地方で起業やキャリアを考える人のマインドセット

ダメなときほど理由がたくさんある

前回は「きみの行動を鈍らせている正体」と題して、普通(一般的に)ってなんだろうってコトに対して私の考えを述べさせていただきました。今回は再び、日記を元に他責から自責へのマインドセットについてご紹介させていただきます。
地方で起業やキャリアを考える人のマインドセット

クウネルアソブ

前回は「ダメなときほど理由がたくさんある」と題して、日記を元に他責から自責へのマインドセットについてご紹介させていただきました。今回は「生きる」ということの定義について考えてみたいと思います。
地方で起業やキャリアを考える人のマインドセット

死にたいと思っている人へ

前回は「クウネルアソブ」と題して、「生きる」ということの定義について考えてみました。今回も2015年にパフォーマンスを崩した時に書いた日記を元に人生に対して目標を見出せなくなった時に読んで欲しい記事をご紹介したいと思います。
地方で起業やキャリアを考える人のマインドセット

経営者は孤独というけれど誰しも孤独だよねって話

前回は「死にたいと思っている人へ」と題して、2015年にパフォーマンスを崩した時に書いた日記を元に人生に対して目標を見出せなくなった時に読んで欲しい記事をご紹介させていただきました。今回も日記から一人でいるより孤独を感じていた経験から学んだ気付きについて共有させていただきます。
地方で起業やキャリアを考える人のマインドセット

悩みの本質

前回は「経営者は孤独というけれど誰しも孤独だよねって話」と題して、一人でいるより孤独を感じていた経験から学んだ気付きについて共有させていただきました。君の悩みは打ち消せただろうか?
地方で起業やキャリアを考える人のマインドセット

ないものねだり

前回は「悩みの本質」と題して、自分の「やりたい」をみつける方法についてシェアさせていただきました。こうして物事の本質を掴むために気持ちを削ぎ落としていくと色々な気づきが得られます。
地方で起業やキャリアを考える人のマインドセット

少年よ大志を抱け

前回は「ないものねだり」と題して、物事の本質を掴むために気持ちを削ぎ落としていくと色々な気づきが得られます。人を羨む気持ちのコントロールについてシェアさせていただきました。
地方で起業やキャリアを考える人のマインドセット

持続可能なアンビエント社会に向けて

前回までは「人生は色々あり2015年」と題して、私が人生で苦境に陥った2015年の日記を元に連載をしてきました。思い返してみると、人生において最悪の状況はそう長くは続かないんだなって感じます。
地方で起業やキャリアを考える人のマインドセット

セルフ・ハンディキャッピング

あなたは本来、驚くべき能力を秘めた賢くて生産的な人のはず。時に自分自身が最大の敵になってしまうことがあります。
地方で起業やキャリアを考える人のマインドセット

アグリハックでゼロサムゲームを制する

経済学では参入障壁が少ない市場では需給が均衡するようになるまで価格が下がり続け多くの供給者は超過利潤がなくなってしまうということがいわれています。しかし比較的に儲かっていたIT業界なんかもメインフレームからオープンシステムになって参入者が増えるようになって誰もが同じ技術を使えるようになってアイデア勝負のようになりました。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました