地方で起業やキャリアを考える人のマインドセット

ワークライフバランスを重視した豊かな社会へ

人口が増え続けていれば市場においてパイの奪い合いをする必要などなく、売り上げも拡大さえ考えていればよかったのですが、売り上げというのは「一人当たりの購買額×人数」です。
地方で起業やキャリアを考える人のマインドセット

適切な利益が持続可能な農業とワークライフバランスを生み出す

ここまでのトピックスで日本の社会の少子化、時間のアービトラージによるサイクルの減少、社会の構造変化など、これからはより利益を重視した経営へシフトしていく必要があることはご理解頂けたと思います。
地方で起業やキャリアを考える人のマインドセット

確実に利益を生み出す2つの検証方法

前回に(ワークライフバランスを重視した豊かな社会へ)、少子化の流れによって景気の回復が難しくなると述べましたが人口減という現実は想像以上にわたしたちにインパクトを与えるのです。利益の最大化は競合に追い付かれるまでの間になるべく売り上げを最大化して費用を最小化することに他なりませんし、時間を稼ぐには競合より速いスピードで拡大し続けること以外にないのです。
地方で起業やキャリアを考える人のマインドセット

原点に立ち返るのに必要な決断

経営者は事業の方向性を自分で判断しなければならないです。でも、隣の芝生は青く見えるとはよく言ったもので、いいところを取り入れようとして目移りしたり、混乱することもありますよね。
地方で起業やキャリアを考える人のマインドセット

地方では「本当の百姓」が求められている

百姓という言葉を「農民」という意味だと思っている人は多いが、この言葉の語源は「百人の姓を持つ人たち」ってことで一般市民全員を表す言葉だったそうです。
地方で起業やキャリアを考える人のマインドセット

私が1g1円以上の作物しか栽培しない理由

ご自分の作られた野菜を直売所などで販売価格を決めるときは何を参考にされていますか?同じ種類の野菜を参考にしたり、スーパーの店頭価格で決めていませんか?もちろんこれは間違いではありませんし、大切な指標の一つです。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました